2012年10月09日

古事記と言霊・天津磐境


天津は「心の先天宇宙の」意です。磐境とは五葉坂の意、図を御覧になると分りますように先天図は

一段目【淡路の穂の狭別の島】アワジノホノサワケノシマ
    言霊ウからアとワ(淡路)の言霊(穂)が別れて出て来る(別)狭い(狭)区分(島)、言霊ウは主客未剖、アワはそこから分れます。

二段目【伊豫の二名島】イヨノフタナジマ
    二名とはアとワの二音言霊のこと、宇宙剖判で主体アと客体ワに分れます、この主と客に分かれることが全ての自覚の始まりです。イとヰの現象を創造する働きの予めの区分。

三段目【隠岐の三子島】オキノミツゴジマ
    隠岐とは隠り神、三つ子とは三段目に現われる言霊という意味。言霊オ・ヲ(経験知)、エ・ヱ(実践智)は文明創造上最も重要な精神性能です。

四段目【竺紫の島】ツクシノシマ
    竺紫は尽くしの謎、八つの父韻は言霊イ(伊耶那岐神)の実際活動のリズム(チキシヒイミリニ)、「身一つにして面四つ」の意味は作用・反作用の陰陽一対四組の知性の律の島です。

五段目【伊岐の島】イキノシマ
    心のすべての現象はここから現われ出て、また此処に帰っていくのです。

五葉坂とは五段階の言葉の界層の構造という意であります。



posted by yamato at 09:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 天津磐境