2013年08月05日

古事記と言霊・後日譚

是の後に伊弉諾尊(いざなぎのみこと)、神功(かんこと)既に竟(を)へたまひて、霊運当遷(かむあがりましなんとす)、是を以て幽宮(かくれのみや)を淡路の洲(す)に構(つく)り、寂然(しずかた)長く隠れましき。亦曰く、伊弉諾尊功(こと)既に至りぬ。徳(いさはひ)亦大いなり。是(ここ)に天に登りまして、報告(かへりこど)したまふ。仍(すなわ)ち日の少宮(わかみや)に留(とどま)り宅(す)みましぬ。


posted by yamato at 09:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 後日譚
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/71505449
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

言霊 幾夜目覚めぬ須磨の関守
Excerpt: この飛び交う内容を伊耶那岐神は分かってしまっておりますから、天の御柱(ア)と国の御柱(ワ)を結ぶ八父韻、イ(チキヒシ)とヰ(イミニリ)によって32の現象子音が生まれます。アとワを結ぶ箍のような働きをし..
Weblog: 言霊 言霊学・コトタマノマナビ
Tracked: 2013-08-17 08:43