2013年06月29日

古事記と言霊・三貴子

ここに左の御目を洗ひたまふ時に成りませる神の名は、天照らす大御神。次に右の御目を洗ひたまふ時に成りませる神の名は、月読(つくよみ)の命。次に御鼻を洗ひたまふ時に成りませる神の名は、建速須佐の男の命。


posted by yamato at 09:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 三貴子
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/69736943
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

言霊 左目・右目・鼻
Excerpt: 千引きの石が九七十の神のことを表わしています。筒の男の命の子音の原理を以って、「ここからは来るな戸」ということです。このことは旧約聖書のヨヴ記に同じことが書かれております。 ここに左の御目を洗ひたま..
Weblog: 言霊 言霊学・コトタマノマナビ
Tracked: 2013-06-29 10:11