2013年02月18日

古事記と言霊・神代文字の原理

殺さえたまひし迦具土の神の頭に成りませる神の名は、正鹿山津見(まさかやまつみ)の神。次に胸に成りませる神の名は、淤縢(おど)山津見の神。次に腹に成りませる神の名は、奥(おく)山津見の神。次に陰に成りませる神の名は、闇(くら)山津見の神。次に左の手に成りませる神の名は、志芸(しぎ)山津見の神。次に右の手に成りませる神の名は、羽(は)山津見の神。次に左の足に成りませる神の名は、原(はら)山津見の神。次に右の足に成りませる神の名は、戸山津見の神。かれ斬りたまへる刀の名は、天の尾羽張(おはばり)といひ、またの名は伊都(いつ)の尾羽張といふ。


posted by yamato at 09:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 神代文字の原理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/62400156
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

言霊 心のメカニズム
Excerpt: 人間の心のある考えが始まるというところから、心の成り行きと内容をどう活用すれば、人間精神の最も大切な、これがないと人類は成り立っていかないという結論に到って終ります。 だいたい二十回くらいで「古事記..
Weblog: 言霊 言霊学・コトタマノマナビ
Tracked: 2013-02-19 09:46