2013年01月27日

古事記と言霊・古事記上ツ巻

古事記の全文をお読み下さればお分かりになりますが、次から次に神様の名前が出てまいりますと、何のことを言っているのかサッパリ分からんと言うのが何方もの考えだと思います。

その荒唐無稽な考えがある一つの観点から謎を解きますと、素晴らしい日本語の語源になっており、又、人間の心と言葉の究極の学問であること分かってまいりますが、何のためにこんな荒唐無稽な文章を遺したのかということについて少しお話をさせていただきます。

古事記の編纂は今から千二百九十年前、西暦712年です。冒頭の文章は「天地の初発の時、高天原に〜」に始まって数ページの間に神様の名前が百数出てまいります。神様オンパレード。日本の宗教は多神教であると言われる所以ですが、その中には全国の何処の神社にも奉られていないユニークな神様の名前もございます。

古事記は奈良時代の天皇の勅命によって朝廷の高官、太安万侶さんも含まれますが、編纂をして天皇に差し上げた日本の歴史書であります。古事記は上中下の三巻に分かれておりまして中下巻は歴史書です。

上ツ巻は神様の名前がズラズラと出てまいります物語になっております。一国の歴史書の第一巻に、その物語も何故こんなことを言わなくてはならないのか、まったく分からない。

古事記を解く日本の一般の国学者は、難解さ故からか訳注に現代の知識で以って苦心惨憺して書いてございますが、古事記が書かれました奈良時代は文化が一番盛んな時代でした。それは正倉院の御物が今の技術をもってしても作れない高度な工芸品であることから窺い知れます。

しかも、一国の天皇の勅命で出来た本が、子供だましのような神話を載せたのか。これから私がお話する謎を解いてみますと、人間の心の全貌が総て明らかにされており、今の心理学では足下にも及ばない学問の領域が開けてまいります。


では、謎としたのは何故なのかをキーポイントにして、この世の中を見てみますと、ここに人類の壮大な物語が展開してまいります。その一言、「古事記の上ツ巻が何故荒唐無稽な神様の物語で始まるのか。」

推理小説を読むように地球上の人類の歴史が浮かび上がってまいります。現代人が日本人乃至人類、八千年乃至一万年前の歴史が目の前に展開するが如くに分かってまいります。

その詳細は「古事記と言霊」の歴史編に書いてございますが、古事記の神話をなくして人類の歴史を説くことは出来ません。又、人類の歴史を観点にしませんと古事記の本当の意味も分かりません。

人類の歴史がどのように創られ、将来をどのように創るのかを、既に八千年以上も前にその筋書きを書いてしまった方がいる。歴史はこのように創ると決めて、三千年前に準備を総て遣り終えて、最後の布石が古事記でございます。

古事記の謎を解く内に、現代の歴史、人間とは何ぞや、今までの常識がまったくひっくり返ってしまうような場面に合う事になりますので、ご自分の心に質問されて、再現されていただきたく存じます。


posted by yamato at 09:00| Comment(0) | TrackBack(2) | コトタマフトマニ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61684188
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

言霊 ideaは出雲
Excerpt: かれその神避りたまひし伊耶那美の神は、出雲の国と伯伎の国との堺なる比婆の山に葬めまつりき。 妻神である伊耶那美命の亡き骸を伯伎(ははき)の国、実在する鳥取県にあります出雲とは何の関係もありません。騙さ..
Weblog: 言霊 言霊学・コトタマノマナビ
Tracked: 2013-02-07 07:51

言霊 古事記解儀・III
Excerpt: 古事記をお読みになられて、「素晴らしい」とお思いになられましたら、今度は自分の心のことを言っているのだよということをお気づきになられて、百神で表わされた心の構造と動きがご自分の心に合っているかどうかを..
Weblog: 言霊 言霊学・コトタマノマナビ
Tracked: 2013-02-22 09:50