2012年12月11日

古事記と言霊・子音創生

この大山津見の神、野槌(のづち)の神の二柱(ふたはしら)、山野によりて持ち別けて生みたまふ神の名は、天の狭土(さづち)の神。次に国の狭土の神。次に天の狭霧(さぎり)の神。次に国の狭霧の神。次に天の闇戸(くらど)の神。次に国の闇戸の神。次に大戸惑子(おおとまどひこ)の神。次に大戸惑女(め)の神。次に生みたまふ神の名は、鳥の石楠船(いわくすふね)の神、またの名は天(あめ)の鳥船(とりふね)といふ。次に大宜都比売(おほげつひめ)の神を生みたまひ、次に火(ほ)の夜芸速男(やぎはやお)の神を生みたまひき。またの名は火(ほ)のR毘古(かがやびこ)の神といひ、またの名は火(ほ)の迦具土(かぐつち)の神といふ。


posted by yamato at 10:42| Comment(0) | TrackBack(1) | 子音創生
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60678443
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

言霊 言った言葉通りに実現する
Excerpt: 飛んでいって「こうだ」と了解されるまでが14の言霊子音が生まれて参ります。大倭豊秋津島‘フモハヌ・ラサロレ・ノネ・カマ・ナ・コ’です。14で全部揃いましたから大倭、豊かに明らかに言葉を伝えている島。言..
Weblog: 言霊 言霊学・コトタマノマナビ
Tracked: 2012-12-11 10:44