2012年09月20日

古事記と言霊・【キ】角杙の神/【ミ】妹活杙の神

言霊  ツノグヒノカミ/角杙の神。昔、神話や宗教書では人間が生来授かっている天与の判断力の事を剣、杖とか、または柱、杙などの器物で表徴しました。角杙・活杙の杙も同様です。

     言霊キの韻は掻き繰る動作を示します。何を掻き繰る(かきくる)か、と言うと、自らの精神宇宙の中にあるもの(経験知、記憶等)を自分の手許に引寄せる力動韻のことです。これと作用・反作用の関係にある父韻ミは自らの精神宇宙内にあるものに結び附こうとする力動韻という事が出来ます。

言霊  イモイキグヒノカミ/妹活杙の神。人は何かを見た時、それが何であるかを確かめようとして過去に経験した同じように見える物に瞬間的に思いを馳せます。この動きの力動韻が父韻ミです。

     またその見たものが他人の行為であり、その行為を批判しようとする場合、自分が先に経験し、しかもそういう行為は為すべきではないと思った事が瞬間的に自分の心を占領して、相手を非難してしまう事が往々にして起ります。心に留めてあったものが自分の冷静な判断を飛び越して非難の言葉を口走ってしまう事もあります。これは無意識にその経験知を掻き繰って心の中心に入り込まれた例であります。



posted by yamato at 09:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 竺紫の島
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58243130
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

言霊 キ・ミ
Excerpt: ‘キ’角杙神はその判断力を角のように出す性能、力動韻。例えば「この花は綺麗だな、この葉は菊の葉っぱに似ている」、自分の心の中に経験した事柄を持って来ようとする。「これは菊の花に違いない」ということにな..
Weblog: 言霊 言霊学・コトタマノマナビ
Tracked: 2012-09-20 09:52